HOME > めまい


患者様からの相談症状

< 冷え  |  一覧へ戻る  |  睡眠障害(不眠) >

めまい

原因がわからないめまい。その原因は首(頸椎)にあるかもしれません。

 

頚椎性めまいとは

頚椎性めまいとは、首になんらかの異常があって起こるめまいです。めまいというのは平衡感覚の障害です。頸椎には平衡感覚に関わる神経がたくさん通り、頭と体を繋ぐ大変重要な部位です。自律神経にも大変重要な関係であるため、首(頸椎)になんらかの障害があり、めまいが起こることがあるのです。

 

頚椎性めまいの原因

頚椎性めまいは、首の障害によって起こります。人の頭は(5~6㎏)あり、その重量すべてを首で支えています。起きて生活をしている間、首には常に負担がかかっています。また現代人は、長時間にわたってパソコンやスマホの使用をしたり、対人関係のストレスや疲労などから、うつむきがちで姿勢の悪い生活を送っている人が非常に多く、首(頚椎)にかなりの負担をかけています。

 

首(頸椎)を通る神経系に悪影響を起こすと、めまいだけではなく、頭痛やふらつきなど、様々な体の不調として現れてきます。

 

症状の成り立ち


〈神経的な面から見ると〉

 

 

●首に負担をかけた生活を続ける。

 

   ↓

 

●首の平衡感覚を司る神経受容器の働きが落ちる。自律神経がたくさん通っている首が影響を受けることで、脳内の血管、血流に支障をきたす。

 

   ↓

 

●平衡感覚がおかしくなった情報が脳に伝わり、脳の中で混乱が起こる

 

   ↓

 

めまいが起こる

 

 

めまいと同時に吐き気や頭痛を伴うことがあります。緊張性頭痛の原因となるのは、首こりや肩こりです。精神的なストレスや肉体的なストレスによって頭や首、肩の筋肉が緊張することによって頭痛が起こります。

 

頚椎性めまいの症状

●首(頸椎)を動かしたときにめまいが起こる。もしくは、首の痛みや肩こりが強くなってくるとめまいが起こる。

 

めまいと同時に吐き気や頭痛を伴う。

 

頚椎性めまいと脳幹

頚椎性めまいには脳幹の活性化を行う治療が有効です。首の一番上にある第一・第二頸椎を調整することで、そこに挟まれた脳幹を活性化させる事ができるのです。生命の根幹である脳幹から全身に指令が伝わると、全ての神経経路や足の先までの骨格の歪みを矯正へと導く指令が発信され、自らを整えていくのです。

 

脳幹が活性化することで、比較的早くめまいの症状を改善させます。 頚椎性めまいを抱えている方の中には、肩こり、首のこり、腰痛を抱えている方が非常に多く見られます。脳幹が正しく働くことで、自分自身の力で骨格すら調整することが可能なのです。

 


コメントを残す