HOME > 冷え


患者様からの相談症状

< 生理痛  |  一覧へ戻る  |  めまい >

冷え


「冷え性」とは一言でいうと「血行障害」です。女性に特に多くみられ、月経や出産などによる骨盤内のうっ血や貧血、自律神経の失調、ホルモン分泌の異常、新陳代謝機能の低下などが原因として起こります。また、ホルモン分泌の変動が激しい思春期、出産前後、更年期の女性はとくに冷え性になりやすい傾向があります。

自律神経は、急激な気候の変化などに伴って乱れやすく、過度な湿気、長時間による冷房、睡眠不足、食事のかたより、身体を冷やす生野菜や果物の食べ過ぎ、甘いもののとり過ぎ、薬の飲みすぎなど、日常生活を送る中にも様々な原因が潜んでいます。

体温変化による症状

36.5℃・・・・健康体で免疫力も維持できている
36.0℃・・・・ふるえを起こし、熱を発生させる
35.5℃・・・・排泄機能低下、自律神経失調症状が出現、アレルギー症状が出現
35.0℃・・・・がん細胞が最も増殖する
34.0℃・・・ 生命を分けるギリギリの体温
33.0℃・・・・凍死寸前、幻覚があらわれる
30.0℃・・・・意識不明
29.0℃・・・・瞳孔拡大
27.0℃・・・・死体の体温(「体を温める」と病気は必ず治る石原結實著より)

 

身体全体が冷える人(=食事量の少ない人、代謝がゆっくりした甲状腺機能低下(橋本病)のような人、血液の流れの悪い人など)は、代謝が緩慢で、エネルギーを燃焼する力が低下しています。基礎代謝を高めるよう意識的に身体を動かし、体を温める食べものを選びましょう。

 

身体を冷やす食べもののとりすぎに注意!
〇冷たく甘い飲み物(ジュース類・缶コーヒーなど)
〇南方産の食べ物(バナナ、ミカン、トマト、キュウリ、スイカなど)
〇生野菜
〇白砂糖、化学調味料、化学薬品などの白いもの(パン、バター、マヨネーズ、クリームなど)

冷えのメカニズム



「寒さ」に対して生体機能を維持しようとする身体は、温かい血液を身体の中心部へ集める
   ↓
これによって手足が冷たくなる(熱の偏在)
   ↓
その状態が慢性化すると自律神経が変調をきたす
   ↓
「血液を必要なところに送る」という本来の働きが行えず、
血行不良状態になる
   ⇓

「いつも手足が冷たい」という不快感が新たなストレスとなり、
それが自律神経の乱れ・血行不良をますます慢性化させる
という悪循環に。

冷え性は万病のもと=免疫力の低下→ありとあらゆる病気を招く

「冷え」をとるだけで多くの病が改善


コメントを残す