HOME > 更年期障害


患者様からの相談症状

< 不妊症  |  一覧へ戻る  |  産後うつ >

更年期障害


「更年期障害」とは、女性が閉経を迎える前後10年間(平均的に45歳頃~55歳頃)くらいの時期に起こる、様々なからだの不調(不定愁訴)のことを言います。患者数は圧倒的に女性が多いのですが、女性に限らず男性にも同じく症状が認められる報告があり、一時期、「男の更年期障害」という言葉が飛び交うほど話題になったのも、記憶に新しいのではないでしょうか。

 

更年期障害の原因


「更年期障害」が起きる主な原因として、主に3つのことが挙げられます。1つ目は、加齢やエストロゲン(女性ホルモン)の欠乏といった身体的ストレス、2つ目は、性格などに由来する心理的因子、3つ目は、仕事や家族関係(家庭環境)に起因する社会的因子、などが重なって関与します。更年期障害は一種のストレス性疾患とも考えられています。

 

特に1つ目の、加齢やエストロゲンの減少は大きな要因です。更年期を迎えると卵巣機能は低下する為、若い時と同様にエストロゲンを分泌できなくなります。そのことによってホルモンバランスが保てなくなり、自律神経が乱れます。

更年期障害の症状

症状はとても個人差がありますが、精神神経系(頭痛、めまい、うつ、不安症、不眠など)、血管運動神経系(冷え、動悸、のぼせ、ほてりなど)、運動器官系(肩こり、腰痛など)、消化器官系(食欲不振、吐き気、便秘、下痢など)」多岐にわたります。

女性ホルモンは、脳幹からの司令により卵巣から分泌されます。脳幹は、さまざまなホルモンの分泌をコントロールするとともに、体温調節や呼吸、消化機能の調節、精神活動などを司る自律神経のコントロールセンターです。自律神経は、自分の意思とは関係なく働いていて、この作用が乱れやすい人は、交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れやすく、ちょっとしたストレスにも影響されやすい体の状態にあるといえます。

当院の治療方法

当院の施術(脳幹療法)は、脳幹圧迫の原因となっている第1・第2頸椎のゆがみをとることにより、脳幹が正常に働くよう整える施術法です。脳幹療法によって身体のゆがみがとれ、脳幹の働きが正常になると、自律神経のバランスが調整されてストレスに強い体へと向かいます。

さらに、脳幹療法に付随して重要なのは、ミネラル(金属元素)の摂取です。せっかくガスの元栓をしっかり開けても、肝心なガスがなければスムーズな伝達は行われません。脳幹療法+ミネラル摂取で、更年期障害の辛い症状をリセットして、新しい人生の第二章をスタートしたいですね。

コメントを残す