天・竺 熊本本店ブログ

頭痛 ミニ知識

「頭痛」は誰でも経験したことのある症状で、自然と治まる頭痛から生命の危険
に及ぶ頭痛まで様々ありますが、慢性的頭痛は精神的にも悪影響を及ぼします。

筋肉が緊張しておこる頭痛=『筋緊張性頭痛』は、疲労やストレス等が引き金でよく起こります。
女性が良く訴える偏頭痛=『血管性頭痛』は、吐き気を伴う、目の奥がズキズキ、目がチカチカする、という症状が特徴的です。
これは血管拡張による周囲の神経が刺激を受けた結果、「痛み」として出るのです。

血管の拡張は、自分の意思でコントロールできない神経(自律神経)の副交感神経の作用で起こります。リラックスしている時、お酒を飲んだ時などは、副交感神経が優位になります。

『血管性頭痛』に対処して処方されるエルゴタミン、トリプタン(血管収縮剤、頭痛遮断薬)は
割と即効性があるようですが、裏を返せばこういうお薬に慣れてくれば、市販の一般的なお薬はあまり効かなくなるといいます。

また緊張性、血管性頭痛の混合型も少なからずいます。

年をとって脳血管の動脈硬化が進んでくると、逆に偏頭痛は起きなくなります。
しかし喜んでもいられません。ある日「プツン」と切れて大変なことに!!
偏頭痛をなめてはいけません。
『危険な頭痛』は特有の症状を伴います。
“嘔吐感““、“38度以上の発熱けいれん“、“知覚障害“、“激しい頭痛“
このような症状はスグに検査を!!

(脳幹療術院 天・竺)2018年12月13日(木)16:38

肩こり ミニ知識

動物も肩コリはあるの?って考えたことはありますか。実際本人たちに話をきいたことがないから分かりませんが、犬猫をさすってあげると気持ち良さそうな顔をします。動物も凝るかどうかは分かりませんが、筋肉の拘縮(縮まった状態)はおきます。

神から? 直立2足歩行を許された人間は、代償に肩の痛みを与えられてしまい、日々多くの人が肩こりと戦っています。 「肩凝り」の語源は意外に新しく、明治43年に夏目漱石の「門」という小説にはじめて「肩が凝ったような」という表現が出て来たのが最初です。それまでは肩がつった、重い、こわばった、と表現していたとのこと。

「肩がコッた事がない」と言う人がいますが、これはウソです。自覚の問題です。凝りは触診すればすぐ分かります。

ではなぜ肩が凝るのでしょう??肩周辺の筋肉の緊張が原因で、筋肉痛とは少し違います。 特に肩コリは『静的筋拘縮』と言い、動きが少なければ少ない程コリが強く、張りが強くなる習性があります。これは“頭”(約5kg)を不安定な“首”が四六時中支えており、複雑な動きのコントロールをしているからなのです。

長時間ジッとしている状態が一番肩にとっては辛い!もちろん、足腰にも同じ事が言えます。
物事に熱中することを「〇〇に凝る」といいますが、物事に凝ると「肩がコル」のです。

 

(脳幹療術院 天・竺)2018年12月9日(日)11:00

関節痛 ミニ知識

肘や膝などの関節痛は、痛みの部位がぼんやりとしていて「ココが痛い」と指摘しにくいものです。 痛みには捻挫や関節炎のような自発痛、
動かしたときに痛む運動痛、からだの自重で痛みを感じる荷重痛があります。
これらの痛みは、靱帯や腱、筋肉の神経が関与しています。

さらに、
関節に入り込む血管にまつわりついている自律神経の枝が発する痛みもあります。

これらの神経は太さの違う4つの神経で、侵害刺激を感受すると痛みの信号を発生させます。
関節は、切ったり刺したりの刺激よりも、ひねったり引っ張ったりという
刺激に敏感です。

ところで、

関節面や半月板などの軟骨には痛みの受容器がなく、痛みを感じることはありません。

関節軟骨が変形すると痛みがおこるのは、関節運動がスムーズでなくな
るために靱帯に異常なひねりや引っ張りがおき、とりまく腱や筋肉が緊張し
て「いたみ」が出ます。
動かし方によって痛みの部位が
移動するために、はっきり「ココがいたい」と痛みの位置を
特定して言えないのです。

(脳幹療術院 天・竺)2018年11月30日(金)15:31

年末・年始のお知らせ

12/31~1/4までお休みさせて頂きます。

年始は5日より通常通り営業いたします。

(脳幹療術院 天・竺)2018年11月29日(木)16:50

粘土石鹸

こんにちは。少しずつ秋の風が心地よくなってきましたね。

さて、本日はお店で販売しております「粘土石鹸」をご紹介致します。

こちらは防腐剤無添加の石鹸で、お子様からご年配の方まで

ご安心してお使い頂ける商品となっております。

肌荒れで悩んでいた主人もこの石鹸を使い始めてから調子が良いようです。

今から乾燥する季節になりますので、お肌の調子が気になられる方は

ぜひお声かけ下さい。

(脳幹療術院 天・竺)2018年10月15日(月)11:58

睡眠

みなさんは毎日熟睡出来ていますか?

なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚める、などの睡眠障害は、ストレスと大きく関係しているそうです。

先日あるテレビ番組で言っていましたが、夜寝る前にその日のストレスを紙に書きだしてから眠るとよく眠れるようになるそうです。不思議ですね・・。

ものは試し、でやってみるのもいいかもしれません。

 

(脳幹療術院 天・竺)2018年9月21日(金)12:30

天竺茶

まだまだ暑い日が続きますね。さて、今日はお店で治療後にお出ししている天竺茶のご紹介です。    和漢15種類の健康素材をブレンドした香り豊かなお茶です。使いやすいティーバッグにて店頭でも販売しておりますので、気になる方はぜひお声かけ下さい。

(脳幹療術院 天・竺)2018年9月7日(金)12:32

休刊日はいるの?

アルコールは「五臓六腑にしみわたる」のたとえのように、歯、毛、髪、脂肪組織などの水分の少ない組織以外には、身体の隅にしみわたっていきます。 それぞれは細胞膜に保護されていますが、アルコールはこの細胞膜をやすやすと通過するからです。
アルコールの消費量は毎年増加して、現在成人一人あたりの年平均消費量はビール大瓶
400本と言われています。 それにともない臓器障害の患者さんも増え続けています。
臓器障害になり金銭面でも医療費、働けないことによる経済的損失は計り知れない金額
になってしまいます。
とはいえ、いっぽう酒税は平均的にみると上がっています。 変な帳尻合せですね。
ところで、酒飲みは必ず休肝日を設けることが必要と言われてきました。
最近の学説では、毎日飲む人(連続飲酒者)と週末に大酒を飲む人(間歇飲酒者)を比較
すると肝病変の程度や死亡率に差がないことが確かめられて、一日の飲酒量よりもアルコ
ールの総摂取量に問題があるとする積算飲酒量が重視されています。
どんなに休肝日を設けても飲酒量が多ければ効果はないのです。
そこで一生で飲めるお酒の量は、どのくらいかというと積算飲酒量の目安は600kgで
あると言われてます。
この量を守ろうとすると毎日大瓶3本飲んで25年、2本なら40年近く飲酒を続けて
いる計算です。
ですから、安全な飲み方を計算するとやはり一日2本以下が望ましいのです。
もちろん、個人差がありお酒の分解酵素で考えてみると、男性と比べ一般的に女性はそれよりも少なくしたほうが良いようです。
しかし、量よりも飲み方に問題がある人も多いようです。
楽しいお酒の飲み方が精神的にも良いと言えるでしょうね! 少ない量で楽しく飲む!!
これが心体にとっても、お財布にとっても一番ですね!!
最後に急性アルコール中毒。注意して下さい。無理にすすめられても「断る」ことです。
無理し過ぎると飛んでもないことになります。
家族や周りの人達には心配、迷惑をかけないように!

(脳幹療術院 天・竺)2018年9月6日(木)14:36

整体 療術

整体、療術の目的は人間が持ち備わっている自然治癒力を引き出し、高め本来あるべき状態に戻すことを主目的としたのが特性であります。
その方法は多種多様にわたり。アクロバット的なもの、暴力的なもの、神ががり的なもの、ソフト的なものと実に様々有り、当院では無理なく頸椎1.2番ゆがみをとり、脳幹の活性化をはかり、快適なリラクゼーションの中で治癒力、免疫力を引き出しすことで真の健康回復・増進。予防をはかることが出来る原因療法です。
手技にも色々とあり
脳幹賦活法(脳幹) マッサージ(筋肉、血行) 指圧(経絡、経穴) ストレッチ(筋肉、靱帯) カイロプラクテック(整体、関節) リンパマッサージ(血行、体液) AKA(仙腸関節調整) オステオパシー(整骨、硬膜脊髄液調整) 気孔(気穴、経脈) アーユルヴェーダ(体液、病素)等
そして東洋医学は、体内に発生する『虚点』に対して補の施療し、『実点』に対しては寫の施療をすることにより、人間の本来もっているバランス回復力を促し、正しい心身の状態に戻す手助けをしているというのが理論です。
人間には365以上の骨が有り、400種類以上の筋肉が有りこの総合的なバランス(拮抗・協同・連動・固定)が実に上手く全身を作用して動くように出来ている、唯一無二の密接な機能と言えます。
日常生活の中でほんの僅かなズレ、又は僅かな関節の不動がきっかけで生活をくずし、心身をくずし、固定的な状態が続くことで心身バランスをなくし、重大な結果(痛み)となってしまいます。少しでも早く予防を目的と施療しいつも心身のバランス調整に心掛け、日常生活の活性化を高め、健康な生活が送れるように脳幹療術の利用は最適な体調整療法と言えます。
自律神経の働きを高めることとなり、真の自然治癒力(自己治癒力)の活性であると信じ脳幹療術を施すものであります。

(脳幹療術院 天・竺)2018年8月31日(金)18:16

お盆休みについて

8月14(火)・15(水)は休業させていただきます
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

(脳幹療術院 天・竺)2018年8月28日(火)13:49