HOME > 骨盤調整


患者様からの相談症状

< 気象病  |  一覧へ戻る  |  不妊症 >

骨盤調整

骨盤の周辺には、代謝、基礎代謝に大きく関わる筋肉が走行しています。

 

骨盤が歪むと、これらの筋肉が働きづらくなる為、脂肪がお腹まわり、下腹、お尻、太ももなどにつきやすくなります。 『食べ物やカロリー制限を心がけているの痩せない!』 『適度な運動をしているのに痩せない!』 という方は、骨盤まわりの筋肉が活発に働きづらくなっている事も原因の一つとしてあります。

 

昔、はけたはずのパンツやズボンがはけなくなっている方は、骨盤の歪みを要チェックする必要があると思います。

 

骨盤と健康

骨盤は、そこを基点として、上半身の重み→股関節→左右の脚へ と、 重力の負荷を分散させるという機能を持っています。

 

 

骨盤が安定していない(ゆがむ)と、

 

重力の負荷が前後左右に均等に伝わららない→ 姿勢がアンバランスになる→筋肉や関節の負担が増える                     ↓

 

結果として、背骨の歪み、猫背腰痛肩こり頭痛、背中のこり、疲れやすい、脚の疲れなどに発展

 

 

重要な臓器とは


また骨盤の中には、重要な臓器も含まれています。

 

骨盤が広がると、

 

内臓の位置が下がる→神経や血管を圧迫しやすくなる→ 血液の循環や神経の伝達に影響を与える→内臓の働きに支障をきたす                    ↓

 

結果として、便秘冷え性、むくみやすい、生理痛、生理不順などの症状を引き起こす原因になる事もあります。

 

骨盤矯正と不妊の関係性

骨盤が歪むと、前述のようにさまざまな不調へのスパイラルこ陥ることがわかっていますが、骨盤内部の中心に位置する子宮も 骨盤の歪みに少なからず影響を受けることは想像でき、 不妊の一つの原因となっているのではないかといわれています。

 

医学的に認められた根拠が存在するわけではありませんが、事実、骨盤の歪みを正すことで不妊が解消されているケースが多々あることも事実のようです。

 


コメントを残す